2012年05月09日

廃用症候群とは

廃用症候群とは、生活不活発病とも呼ばれるもので、寝たきりの状態が長期間続いたために、筋力が低下して動けなくなり、関節拘縮や床ずれを併発してしまう状態のことです。

特に高齢者の場合、2週間安静にしていると4割の筋肉が落ちるため、動けなくなってしまいます。

結果、寝たきり状態になり、全く動けないまま生涯をすごさなければならなくなってしまいます。

この廃用症候群を予防するためには、体をできるだけ動かすことが大事です。どちらかというと、肉体的なことよりも精神的な自分でがんばろうとする力が必要になります。

このブログでは、高齢化社会において、大きな問題になってくる、廃用症候群について症状や予防法などの情報をお届けします。


posted by 廃用症候群の症状や予防、定義など at 15:02| 愛知 ☔| 廃用症候群とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FXのリスク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。